入れ墨との違いとは

美容皮膚科でできる施術の一つであるアートメイクですが、入れ墨と表現されがちですが、根本的に異なるものになります。入れ墨は入れてしまうと一生色は落ちませんが、アートメイクの場合は徐々に色が落ち数年で薄くなります

なぜその差が生じるかと言うと、色素を入れる皮膚層の深さが異なるという点にあります。皮膚は、表面部分である表皮と、その下層にある真皮の層で成り立っています。表皮は角質を含み、新陳代謝を繰り返し、どんどん入れ替わります。アートメイクはその表皮の層に色を入れていく為、徐々に薄くなっていきますが、入れ墨は表皮よりもより深い層にある真皮に色を入れますので、ほぼ色が褪せることなく、一生落ちることはありません。その為、永久に色素を定着することが難しく、一般的にアートメイクを入れた場合、一度の施術では定着させず、間隔を開けて数回色を入れる方も多いようです。

アートメイクは、美容皮膚科等の医療機関でのみ施術を受けることができます。あくまで医療行為ですので、安さ等に惹かれて怪しいお店等で受けてしまうと、何かトラブルがあった場合に対応してもらえない可能性がありますので、注意が必要です。後悔しないように、事前確認を行いましょう。